[旅記録]新潟(越後湯沢 清津峡)

メインは清津峡だったんですが、湯沢高原の高山植物園の方に興奮してしまいました(笑)

新潟一日目
天気:晴れ
ルート:東京駅→越後湯沢→湯沢高原ロープウェイ→関口コオミュージアム・湯沢→清津峡→直江津
切符:青春18きっぷ


まずは東京から越後湯沢駅へ。

JR上越線で水上駅から越後湯沢に向かう途中に土合駅(通称モグラ駅)があった!
ホームから改札口まで486段の階段を登るという恐ろしい駅。
TVで見たものの具体的な位置を調べたことなかったけど、こんな所にあったんだな。。。
土合駅で小学生のリュックサック部隊が先生と共に下車。まさか遠足とか体力づくりでこの階段登るんだろうか。

10:21 越後湯沢駅着

画像

越後湯沢駅内のプラザ。
なんと奥には酒風呂もある。
清津峡から戻ってきた後もやっていれば入りたいところだけど、営業は17:30まで。
冬は19:30まででちょっと長い。冬場はスキー帰りの人々が入ったりするのかしら。

画像

COCOLO湯沢で魚沼産コシヒカリ100%の爆弾おにぎりを購入!
注文されてから握ってくれるので、渡された時に作りたてお握りの香りが半端ない。
今すぐ食べたいーーという欲求が(笑)
でもここでは食べるのを我慢してロープウェイへ行きます。
(ここでも食べることは可能です)

画像

10:48 湯沢高原ロープウェイのりば到着

画像

11時発のロープウェイに乗車。

画像

素晴らしい。

画像

暑くて浸かる気になれない絶景の足湯
誰かがこれは温泉なの?それとも暑さでこの温度になってるの?って疑問を口にしてた(笑)

画像

歩いても10分位なんだけどロープウェイ降りるとシャトルバスが待ち構えてるので、バスで高山植物園 アルプの里へ。

画像

高山植物園到着!

画像

バス降りるとまず目に入る、あやめヶ池

画像

写真みて気づいたけど左上の方に植物で”ゆざわ”って書いてあったのね!

画像
画像

湿性花園ともなっていて、池の周りは花であふれてる。

画像

最高です!
テンションが上がるざるを負えない。

画像

水面①

画像

水面②

画像

語彙がない自分が本当に恨めしい。

画像

景色を見た時の自分の感情をどう言葉にすれば正しく伝わるのか。。。

画像

あやめヶ池の奥にはロックガーデン。
もう夏も終わってるし花は少ないかなぁと思ったけど、ロックガーデンには沢山の花が咲いてました。

画像

オヤマリンドウ

画像

ダボエシア

画像

あそこの休憩所でお昼にすることに。

画像

11:30 いよいよ爆弾お握りを!
待ちきれなくて、いつもよりかなり早めのお昼になりました(笑)

画像

なんとひとつ一合分!お米美味!
具はしそ味噌で、お味噌汁もついてます。

画像

あまりに美しい景色に食後にも池の回りをもう一周

画像

どちらが上か下か分からないくらい。


画像

腹がパンパンなのでミニトレッキングコースへ行ってちょっとカロリーを消費。
上り坂を登って登って。。。
手前に見えているのは上から一気に下れるボブスレールート。
おばあちゃんはゆっくりだったり、お父さんは体重があるのでスピード速かったりで時々詰まってた(笑)

画像

整備されているので歩きやすい。

画像

いい眺めだ。。。
やっぱり田んぼの面積が広いなー

画像

更に登っていくパノラマコースもあるけれど、下ってロープウェイ乗り場へ戻ります。

画像

胸がすく というかなんというか。

画像

赤ソバ(高嶺ルビー)
ルビーってネーミングに納得。

画像

コキアが色づき始めてる。秋が近づいている。。。

画像

コキアからコキアへバッタがピョンピョンとんでて、何それ楽しそうと思ってしまった(笑)

画像

お約束 “恋人の聖地”

13:00 ロープウェイ降下
正直、清津峡のバスまでの時間潰しに選んだ場所だったんだけど、いいもの見ました!


画像

切り絵・関口コオミュージアム・湯沢。
ホテル内に併設されているワンルームギャラリー( 300円)です。
しばらく切り絵はやらないかな、って思ってたけどやり方とか見せられるとやってみたくなっちゃう。。。


画像

まだ時間があるのでCOCOLO湯沢で糀ソフトクリーム莓ソースがけ。
はーー幸せ。

画像

よっぱらって道端に寝転ぶおっさんのディスプレイ。
COCOLO湯沢の”ぽんしゅかん” では 500円で沢山ある日本酒から5種類利き酒できる。
暫くおっさん達を見つめながら悩んだ後、明日・・・トレッキングだしな・・・と入るのを諦め。
※日本酒の事を”ぽんしゅ”と呼ぶそうです。

画像

駅にコインロッカーがやけに多いと思ったら、スキー場があるからか!
この写真以外にもたくさんあります。


15:00 越後湯沢バス発

画像

15:23 清津峡入り口着

画像

バス停から30分ほど歩きます。

画像

落石だけではなく、雪崩の危険もある。

画像

国立公園、清津峡に到着。
お土産や宿などがある通りの先にトンネルがあります。

画像

入り口前の河原は降りれる。

画像

川は向こう側の岩に近づくにつれ抉れた様に急激に深くなってた。

画像

清津峡はトンネルの中から鑑賞。
有料で600円。

画像

トンネルを歩いていって、、、

画像

所々見晴台から覗く構成です。

画像

見事な柱状節理

画像

奥のウネウネしたところを見ると"峡"って感じ。

画像

清津峡にはカルカロドン(サメの仲間)の化石が発見されていて、
ここらはかつて海の底だったらしい。

画像

一番奥の眺め。トンネルから開けたこの景色をみるとドーンとくる!
左側に歩けそうな場所があるけど、今は行けないようです。

画像

雪の時期はこんなになってしまうらしい。
そりゃ冬季は閉鎖するしかないか...雪国すごい...

清津峡トンネル終了!
うーん、もっとあちこち見れると思ってたから全体的にはちょっと物足りなかったかな。。。
清津峡の下流の瀬戸渓谷にはハイキングコースがあるらしいので、次の機会があったらそっちに行ってみようかなぁ

画像

ここは登山道もあるようです。
トンネル内で紹介されてた写真は美しかったけど ”危険個所多し”って書いてあるので
ふらーって入るのはまずそう。

画像

秋の気配

画像

穂。
場所は違うと言えど、初夏にはあんなに青々しかった稲がいつの間にかこんなになって...と感慨。

画像

電車とバスだけの旅行だと目的の場所(の入口)まで30分とか1時間とか歩くのは普通(汗)
でもその行程は美しい景色ばかりだからまったく疲れを感じない。


18:07 清津峡入り口発
・・・
18:33 越後湯沢着

18:56 越後湯沢発
・・・
20:10 直江津着

この日は直江津のホテルに泊まって1日目終了!


↓良かったらクリックお願いします。

にほんブログ村 旅行ブログ 旅日記・旅の思い出へ
にほんブログ村

ブログ気持玉

クリックして気持ちを伝えよう!

ログインしてクリックすれば、自分のブログへのリンクが付きます。

→ログインへ

なるほど(納得、参考になった、ヘー)
驚いた
面白い
ナイス
ガッツ(がんばれ!)
かわいい

気持玉数 : 0

この記事へのコメント

この記事へのトラックバック